フィンランド国際結婚ブログ

KULTA

フィンランド生活

極夜に効く事まとめ

投稿日:

4回目の極夜

フィンランド在住4年目になりました。毎年来る極夜も去年は出産直後で忙しくあっという間に過ぎたのですが、今年はまた来たなーという感じです。

毎年この季節になると皆の話題は極夜とクリスマプレゼントをどうするか、乾燥やばいけど加湿どうしてる?です。

乾燥対策としては、我が家はポットの蓋を開けっぱで沸かしたり、鍋にお湯を沸かしたりしてますが一番はサウナのドアを開けっぱなしでロウリュするのが効きます。でもフィンランドの家はカビやすいらしいのでたまにしかできません。しかも環境にも良くないです。

それにしても50平方メートルの我が家の場合、サウナを開けっぱにしてやっと湿度が60%になるも就寝中に10%下がり、かつ洗濯物は全部乾いちゃいます。自分のお肌が心配すぎます。
以前はしずく型の加湿器を使っていましたが石灰が溜まり、新しい加湿器を検討中です。

さておき、極夜に効くのは明かりとビタミン摂取、そして美味しい食べ物です。
さらにプラス自分の持論をまとめていきます。

美味しい物を海外から通販する

外が暗くて、娯楽施設の少ないフィンランドでは行く所が全然思いつかなくてつまらなくなってしまう…そんな時は食べる事しか楽しみがない状態になります。「婆さんや、飯はまだかね」状態。

そんな中、フィンランドで凹むのは美味しい物がスーパーで安くサッと買えない事ですよね。量り売り寿司四貫ほどで400円くらいしますし。

今年はドイツのアジアンスーパーと、オランダの有名な北海水産で魚を買ってテンションを上げました!

EU圏の国外から酒を買うとフィンランドより安い!フィンランドで40€とかしちゃう梅酒はドイツで9€位でした。なんて事!
今まではエストニアまでビールを買い出しに行っていたのですが今年はコロナで買い出しに行けないし、梅酒や酒も安く買えるので、ドイツからの通販最高です。

北海水産は届くまで時間がかかるのでお早めに。注文は150€から、送料は35€なので共同購入がオススメです。
友達は年越し用に奮発して紅白の蒲鉾を買っていました。

また、今年は日本の友達とギフト交換したのも楽しかったです。
コロナで日本に行けない事もあり、周りの友達も結構日本から郵送で物資を受け取っていました。

年越し・正月料理を用意する

クリスマスでテンション上がるフィンランド人達を横目に、年越しの事を考えてテンション上がる日本人。
冬は食べ物を蓄えたくなる物。年越し食品を揃えて元気になりましょう。

正月料理と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、ズボラな人でも餅と蕎麦くらいなら用意できるでしょう。

近年では蕎麦も餅も手に入りやすくなりました。とはいえ、秋から留学する人には食材探すのもひと苦労でしょうから、毎年年越し用品を日本から持ってくる事を勧めています。あんこチューブとか、かき揚げのために干し海老とか。

さらに豪華にするには小豆を買って(健康食品売ってるような店で買えます)あんこを作ったり、かき揚げに挑戦してみたり。

おせちは難しいけれど挑戦している友達もいます。

セックスをする

これは今年改めて思ったのですがセックスは極夜に効きます。不安や寂しさは人肌でカバーしましょう。

しかも極夜だから「昼だからムード出ないね」って事もないんですよ。
1日の中でエッチな時間が伸びると思えば最高じゃないですか?

思えば初めての極夜で意味もなく涙が出た時、オヤネンに抱き締められて励まされたのが一番効きました。

冬の運動不足にも効きますしオススメです。エッチした後は一緒にサウナもいいですね。温まるし加湿にもなります。

独り身の人はTinderでもして、冬のフィンランド人はどんなデートを持ちかけてくるか検証してみてもいいでしょう。
Tinderは一例ですが、誰にも会わないでいると極夜の鬱が進行するでしょうから、新しいお友達を作るのも極夜に効くと思います。

敢えて冬に観葉植物を買う

外は素っ裸になった木ばかりで寂しい時は、冬を越せる観葉植物はどれか探してみましょう。
室内でも明かりを工夫すれば植物は元気でいてくれますよ。

家族とSkypeは逆効果?

寂しい時に家族とよくSkypeをしていたのですがホームシックな時は逆効果になる時もあるので、離れた家族に頼るのは程々にした方が良さそうです。

フィンランドにいる恋人や友達と仲良くした方が解決が早い気がします。時差の問題もありますしね。

極夜の中で鬱が取れる瞬間

12月にもなるとふと、極夜での重苦しさが消え、肩の荷がふと降りたような気分になる事があります。それと同時に今年も自分を支えてくれた夫オヤネンへの感謝と、すまないねという気持ちが。

今年は北海水産が届いて、共同購入した友達皆が家まで取りに来てくれた時でした。久しぶりの達成感にテンションが上がってスッキリしました。

人によって鬱な気分が取れる瞬間は様々です。ただ湖の周りを散歩した時とか、明かりを増やした時、よく聞くのは雪が降って地面が明るくなった時です。
日本の皆様からは雪が降ったらいよいよ寒くなる、最悪だと思う人もいるかもしれませんが、こちらでは雪で地面が白くなり、暗い灰色の景色が明るくなるのは気分も明るくなるので良い事と思う人が沢山います。

極夜に慣れる事はないとは思いますが、色々な方法を探り、いつも一緒にいる友達や家族を大事にして過ごしたいですね。

-フィンランド生活
-

Copyright© KULTA , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.