フィンランド国際結婚ブログ

KULTA

食べ物

ヘルシンキ・HARUの寿司ビュッフェで落ち着く

投稿日:

寿司屋にしては珍しくカフェっぽい

友達が「ヘルシンキで何店舗か寿司ビュッフェ行ったけど、なんだかんだで一番HARUが落ち着く」と言ってたので前々から気になってました。
土日はちょっと料金高いけどもう軽く一年は気になってたので思いきって行く事に。

土曜日、開店とほぼ同時に入店しました。8卓くらいの席とカウンター席がある小さなカフェくらいのサイズです。最初は2組だけお客さんがいましたが小一時間でほぼ満席に。このお店は前々からたまに通りすがっていたのですが、週末料金でも人が入っていました。

トイレは小さく、オムツを替える場所はありませんでした。角の席にベビーカーを横に置いて座りました。
ベビーカー有りなら開店と同時にの方がいいかもしれません。

味噌汁がまとも!!

フィンランドに住んで早2年になりますが今までビュッフェでまともな味噌汁に出会った事がないです。でもここはまともでした!まともの意味は出汁入り味噌を使って作ったなと思わせる味です。他のところだと味噌だけの味というか。お椀も小さすぎす飲みやすかったです。

寿司ネタも血生臭くないマグロがあっていい感じでした。Googleマップでの投稿では光り物もあったのですが今回はなかったです。

ドレッシングが東京館で売られている、英語が書いてあるでかい胡麻ドレと醤油わさびドレッシングがありました。これもまた珍しいです。味噌といい東京館から仕入れているのでしょうか?

寿司以外には生春巻きや肉系もあり、ビュッフェによくあるベタベタ中華系という訳ではなく好感が持てました。

デザートも冷凍の物を解凍しているとは思うのですが(実際に冷凍されてたっぽいケーキの箱を開けるとこを見てしまった)生クリームが入ったシュークリームとチーズケーキ、オートミールクッキーなどがありました。コンニチワとイツデモのデザートより美味しかったです。

壁にはフィンランド語で「食べ物を大事に」「何か気になる事だあればフィードバックして」と書いてありました。お客様の意見を取り入れたいようです。スタッフは皆中国語を話していました。

日本を意識したゴテゴテの店内ではなく、ザワザワうるさくなく落ち着いた空間で食べる寿司はいつもとはまた違く感じました。
カフェ感覚でお友達と、またはデートに向いていると思います。

今回はHARU FREDAの方に行きました。
HARU

-食べ物
-

Copyright© KULTA , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.